私は日常使いでセイコーのソーラーの電波時計の腕時計を使っているのですが、何を思ってか、いつもは窓際に置いているのに、宝石箱の時計のセクションにいれてしまったのでした。
そうして、急に具合が悪くなって入院することになって、時計は暗がりの中で止まってしまっていました。
退院してきて真っ先に腕時計を外に出して日光に当てたら、最初、秒針がぐるぐると回ってぴたりと止まり、その次に長い針がぐるぐる回って私が不在にしていた間の時間を埋めるように時間が進んで日にちが変わって行くのでした。
そんなふうに時刻が合うようになっているとは知らなかったので、見ていてビックリしました。
ソーラー式の時計は日光に当ててないと止まってしまうということを身を持って知りました。


このページの先頭へ戻る